ダンス・ダンス・ダンスール

スポンサーリンク
アニメ

【2022年】マイベストアニメ2022【全20選】

2022年は300作品以上のアニメが放送されました。その中から筆者が実際に視聴したアニメを独自の基準で採点しランキング化してみました。こんなアニメあったなーと振り返るもよし、自分はこっちのが好きだったなと比較してみるもよし、見たことないから...
アニメ

【2022】春アニメ感想まとめ【全13作品】

いよいよ春アニメも終わりですね。皆さんは何が面白かったですか?当ブログで追ってきたのは作13品(内、完走したのは10作品)。未完結のアニメや再放送アニメも含めて完走した作品の感想を5段階評価でまとめてみました。 評価基準はこちら(最高★5)...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #11 「あ、俺、クラシックバレエ、好きかも」 感想

11話のあらすじ 浜辺で「白鳥の湖」を踊り出した潤平と都、そして流鶯。都はずっと自分だけを見ていてくれると信じていた流鶯は潤平だけでなく都にも怒りをぶつけるように踊り続ける。王子から姫を奪おうとする悪魔・ロットバルトは自分だったと気づいた流...
スポンサーリンク
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #10 「都は、あいつの側に……いてやんなきゃ」 感想

10話のあらすじ サマースクール最終日、姿を消した流鶯。彼のおばあ様が住む施設に行ったのかもしれないと潤平と都は電車を乗り継いで流鶯を探しに出かける。その道中、都は森家の複雑な家庭環境と脈々と続く呪いについて語り出す。 アジア人であるが故に...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #09 「俺だって、もっと上手くなりてぇんだよっ!」 感想

9話のあらすじ 潤平と都の関係を知り動揺する流鶯。サマースクール6日目、流鶯の柔軟さを羨ましがった潤平に強引なストレッチをさせるが、それを目撃した綾子に「それは古いやり方」だと否定されてしまう。幼少期の自分までもを否定された気になった流鶯は...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #08 「あーもっかいやりてぇーっ‼︎」 感想

8話のあらすじ 千鶴にサマースクールに通っていることを知られ咎められるも流鶯を連れて通い続ける潤平。SSクラスの女子と2人1組でパ・ド・ドゥを踊ることになり、潤平は都から「一緒に踊れるといいね」と声をかけられ舞い上がる。しかし先生が決めた組...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #07 「ひぃ〜、もうっ、恥っ」 感想

7話のあらすじ 自身のバレエに対する無知さを思い知り一からバレエについて学び始める。同じクラスの姫乃小路寿(CV.井之上潤)からバレエの起源を教えてもらったことがきっかけで親しくなった潤平は、彼に誘われて流鶯と共に生川はるかバレエ団の公演を...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #06 「俺、なんでバレエやってんだ?」 感想

6話のあらすじ 洋舞祭りで大きく注目を集めた潤平と流鶯、だがMVPに選ばれたのは別のスクールの少女だった。生川はるかバレエ団の主宰であり審査員の生川綾子(CV.中友子)に、バレエはアートでありあなたのは違うと酷評された潤平。海外コンクールを...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #05 「死ね、ねーだろっ」 感想

5話のあらすじ 洋舞祭り当日、リハーサルを終えた潤平はこれから踊る「白鳥の湖」のラストに文句を言いつつも、都との距離が縮まり浮き足立っていた。一方の流鶯はこの洋舞祭りでMVPを取れば海外での出演を後押しするという約束を千鶴を取り決めていた。...
アニメ

ダンス・ダンス・ダンスール #04 「俺、もうバレエ踊っていいんだッ、ぜっ!」 感想

4話のあらすじ バレエに本気で取り組む覚悟を決めた潤平は頭を丸めサボっていたことを千鶴に謝る。坊主頭にしてしまったことを叱られるも、彼女から王子を踊る人には様々な条件があることを聞かされる。バレエ大国、ロシア最高峰の劇団で日本人が王子役を務...
スポンサーリンク