勇気爆発バーンブレイバーン

スポンサーリンク
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 最終話 「勇気爆発の、その先へ!!」

12話のあらすじ 憤怒のイーラ(CV.津田健次郎)による奇襲を受けて大破したブレイバーン。ショックを受けるイサミたちを守るため、スペルビアはコックピットからルルを降ろしイーラに一騎打ちを挑むも虚しく散ってしまう。絶体絶命の危機に陥ったイサミはもう動かないブレイバーンのコックピットに逃げ込むが……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第11話 「オペレーション・ボーンファイヤ、開始だ!」

11話のあらすじ 最終決戦の地ハワイ諸島へ向かう道すがら、残る3体のデスドライヴスの情報をスペルビアと共有したイサミたち。来たる激戦に備え、お互いの絆を確かめ合いより強くなるため、ブレイバーンは焚き火と食事を囲む「オペレーション・ボーンファイヤ」を提案する。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第10話「日本ではそれをOMIAIという」

10話のあらすじ スペルビアを「オジサマ」と呼び彼に乗ると宣言したルル。しかしスペルビアはそれを拒絶。 頑なに拒むスペルビアに対し、ルルは「さっき未来から来た」と衝撃の告白をする。ルルが見た未来ではイサミとブレイバーンは哀しい結末を迎えていたことが明らかになり……。
スポンサーリンク
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第9話「イサミィ!俺たちで、世界を救うんだ!!」

9話のあらすじ クーヌスを撃破するため自らも爆発に呑まれたスミス。彼の戦死を知ったイサミは冷静さを失い、ヴァニタスとペシミズムの猛攻にブレイバーンたちは苦戦を強いられる。スミスが遺した「勇気爆発」という最期の言葉にイサミは……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第8話 「また会おう、スミス」

8話のあらすじ 日本を取り戻したATFは次なる目的地をヨーロッパー方面に定める。ブレイバーンの直掩TS部隊ブレイブナイツの隊長となったスミスはイサミとの友情を深め、共に世界を救おうと約束を交わした。 ところが出港直前、一帯は深い霧に覆われ視界も通信も途絶してしまい……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第7話「どうするイサミ!こんな時、イサミならどうするんだ!」

7話のあらすじ ブレイバーンが倒したはずのスペルビアが再びATFの前に立ちはだかった。ところがブレイバーンは「今のスペルビアならスミスたちだけで倒せる」と言い残して、もう一体のデスドライヴス・クピリダス(CV.稲田徹)の元に向かってしまう。 ATFはスミス指揮の下でスペルビアに立ち向かうが……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第6話「絶対に大丈夫だ。なぜなら……私がブレイバーンだからだ!」

6話のあらすじ オペレーション・アップライジング決行日の朝、イサミとブレイバーン、そしてスミスは先行して日本に上陸し偵察及び生存者の探索を行う。生存者が見つからなかった場合は砲爆撃を実施、それまでに与えられた猶予はわずか1時間半。イサミは必死に生存者を探すが刻一刻とタイムリミットは迫り……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第5話 「それはきっと、私には出来ないことだろう」

5話のあらすじ デスドライヴスに急襲された日本を救い奪還するため「オペレーション・アップライジング」作戦を決行することになった多国籍任務部隊(ATF)。作戦開始日まであと7日。ブレイバーンの搭乗者として期待を寄せられるイサミはしかしどこか浮かない表情。そんなイサミが気になりつつも、中々話しかけられないスミスは……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第4話 「イサミ、キミはまだ、人というものを分かっていないようだ」

4話のあらすじ ハワイから敵勢力を排除した多国籍任務部隊(ATF)は次なる目的を決めかねていた。しかしブレイバーンの発言により、日本に無人偵察機を送ることが決定する。 一方、整備担当のミユ・カトウ(CV.加隈亜衣)はイサミ専用のパイロットスーツを開発。エアバッグ搭載の優れものだが、当のイサミは謎の少女・ルルに懐かれるスミスに対して苛立ちを抱えていて……。
アニメ

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第3話 「ルル……それが彼女の名前だ」

3話のあらすじ 「君を乗せるのは生理的に無理だ」とブレイバーンに拒絶され傷心中のスミスは1人夜の海岸を歩いていた。そこで砂浜に倒れ込む謎の少女と出会う。デスドライヴスに関係しているのではと疑いつつも、放置できず彼女を妹と偽って匿うが……。
スポンサーリンク