アニメアニメ感想

【アニメ感想】勇気爆発バーンブレイバーン 第8話 「また会おう、スミス」

スポンサーリンク
8話のあらすじ

日本を取り戻したATFは次なる目的地をヨーロッパー方面に定める。ブレイバーンの直掩TS部隊ブレイブナイツの隊長となったスミスはイサミとの友情を深め、共に世界を救おうと約束を交わした。
ところが出港直前、一帯は深い霧に覆われ視界も通信も途絶してしまい……。

8話の感想

いつか来るんじゃないかと思ってはいましたが……ついに来ました。ドシリアス展開。
今回はOPなしの演出に加え、冒頭から新キャラとスミスによる意味深な会話。嫌な予感が的中する衝撃のラストとなりました。

日本を無事に取り戻したATFは次にヨーロッパ方面へ進軍する計画を立てますが、出港直前に辺り一帯を深い霧が多い通信が途絶するという緊急事態が発生。
さらにいきなり3体の新しいデスドライヴスと3つの塔が出現。
ブレイバーンとイサミは単騎で2体のデスドライヴス――ヴァニタスとペシミズムを相手にすることになりますが、2対1で苦戦を強いられることに。

一方新生ブレイブナイツは隊長のスミスとヒビキやアキラ、シェリーら隊員らと共にデスドライヴスの一人クーヌスと戦うことに。しかしこれがとんだ変態で、ブレイバーンには興味を示さずスミスと「交わる」ことに異常な執着を見せます。なんだかブレイバーンと似たものを感じる……。
時間と空間を操る圧倒的強者のクーヌスによって部隊は壊滅し、仲間を救うためスミスは自らの命を犠牲にしてクーヌスを道連れにしようとするのですが……嘘だろスミス。

出典:TVアニメ「勇気爆発バーンブレイバーン」公式サイトより

初期の強烈なギャグシーンは回を重ねるごとに減ってきていましたが、この第8話はほぼコメディがないくらいシリアスな回となりました。しかもサブタイトルは「また会おう、スミス」。突然しんどいぞこのアニメ。
ただ同時に色々気になる要素も出てきまして……。
一つは以前から薄々気になっていたブレイバーンは未来を知っているのではという説。今回の出撃前にスミスに別れの挨拶にも聞こえる意味深な言葉を残していました。またやはりクーヌスら新しいデスドライヴスが襲来することも知っていたように思えます。スミスがクーヌスとの戦いでどんな最後を迎えるのかも知っていたのではないでしょうか。
またクーヌスが「時間を巻き戻して何度も何度も」というセリフを言っていたのもなにか関係していそう。
第8話ラストではライジンズ・オルトスもろともスミスがクーヌスを爆破させて倒していましたが、その後スミスがどうなったのかはっきりとは描かれていません。木っ端微塵に吹っ飛んでしまったのかそれとも……?
OP内にはスミスの意味深なカットがある他、成長したルルに見える女性が何か叫んでいるシーンもあるので個人的にはスミス再登場はある気がします。

もう一つ気になるのはペシミズム役の茶風林さんがキャストコメントで「人間の中にある、欲望や感情を具現化した敵のロボット」と発言していて、そこからもしかしてデスドライヴスって元々人間なのでは……という可能性を感じました。
ブレイバーンが出会う前からイサミのことを知っていた理由、これから起こることを予知しているかのような発言の数々、クーヌスの時間を巻き戻す能力、消えたスミス、そしてブレイバーンとスミスがヒーローオタクで「生理的に無理」という発言。まさかブレイバーンって……。

出典:TVアニメ「勇気爆発バーンブレイバーン」公式サイトより

それはともかく今回の新キャストも超豪華でしたね!
痴女やたらとスミスに対する愛が重いクーヌス役はかっこいいお姉様キャラと言えばの田中敦子さん。
悲観的でネガティブな発言ばかり、霧を噴射して通信を途絶させる能力のペシミズム役は目暮警部でおなじみの茶風林さん。
そしてまだまだ能力は未知ながらオネエ口調がめちゃくちゃ気になるヴァニタス役はみんな大好き緑川光さん。
スペルビア役の杉田智和さんにクピリダス役の稲田徹さんと言い、デスドライヴス勢の声優陣が強すぎて色んな意味で絶望的な戦いですねATF……。

動画配信
Hulu

Amazon Prime Video

アニメ放題 J:COM STREAM見放題 auスマートパスプレミアム TELASA(見放題プラン) ニコニコチャンネル バンダイチャンネル milpus見放題パックプライム Lemino Youtube

※本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

関連商品
関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Twitterフォローもよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました