アニメアニメ感想

ACCA13区監察課 第4話 「閉ざされた『国』のくすぶり」 感想

スポンサーリンク
4話のあらすじ

ジーンが訪れた次なる視察の地はスイツ区。昔からの伝統と格式を重んじる貴族らによって外部との接触が厳しく制限されたスイツ区では、携帯電話やタバコを所持するジーンは区民たちから珍しがられる。しかし区民との接触を監察課スイツ支部のウォーブラー(CV.日野聡)に咎められてしまう。ジーン自身も行動を制限されながら視察をする中一人街を眺めていると、偶然にもクーデターについて話す区民らを目撃してしまい……。

4話の感想

第4話の舞台となるのは閉ざされた区・スイツ区。昔ながらの伝統と格式を重んじる貴族らにとって外部との接触が厳しく制限されていることから、区ではなく「国」と表現する人も多い閉鎖的な区。
5長官の1人でもあるパスティス長官もこの区の出身です。

古き良き街並みと中世のように着飾った貴族らの姿や、ACCAの制服も他区とは違い中世のような出で立ち。しかし外部との接触を制限され閉鎖的な暮らしを余儀なくされている貴族ではない区民らは不満を抱え、ジーンを巻き込んでのクーデターへと発展していきます。

スイツ区の監察課駐在リーダーは日野聡さん演じるウォーブラー。不愛想で声に抑揚もない上に体格も大きいため第一印象はかなり怖いイメージですが、物語が進むにつれ感情表現が豊かになりセリフも増えるので一気に印象が変化していくキャラクターです。
間接的ではあれどクーデターに協力していたウォーブラーを結果的に処分せず情報をもみ消したラストシーンは、ジーンの人柄が良く表れている名シーン。
そしてACCAのスイツ支部局員であるビスキュイもこの回の重要人物。古川慎さんが演じるビスキュイは、この第4話以外ではそれほど出番はないですが個人的にお気に入りのキャラ。見た目と声がいいんですよね。ナポレオンっぽいACCAスイツ支部の制服がまたかっこいい。

ちなみに今回も暗躍していたニーノ、かなり重要なセリフを言っていましたね。冒頭、ロッタから預かった大家さんへの荷物を何者かへの電話で「ロッタから荷物が届きますよ」と言っているんですよね。つまりニーノの電話の相手=大家さんとなるわけですが初見ではわりと「???」でした笑。
それとスイツ区に行くと言っていたニーノ、今回はジーンと接触することはありませんでしたが、クーデター派の男たちに取り囲まれたジーンを助けたのが変装していたニーノでした。スマートに助けるのかっこいい。

そしてもうひとつ、ラストにとても重要な場面が。誰かと電話で話すグロッシュラー長官。これまでの電話の相手はクロウことニーノだったことが多かったものの、今回の電話の相手にはまた違う口調で話していることからおそらくまた別の誰か。果たして誰なのか……今後への大切な伏線です。

関連商品

Amazonプライム会員なら月額500円Amazonプライムビデオ見放題無料の配送特典などお得なサービスを受けられます。他にも多数のサービスを利用できるのでオススメです!

Amazonプライム会員

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Twitterフォローもよろしくお願いします!
徒然声優語り

コメント

タイトルとURLをコピーしました