アニメアニメ感想

ラブオールプレー 第17話 「凪」 感想

スポンサーリンク
17話のあらすじ

県大会シングルス戦が始まり順調に勝ち上がっていく横浜湊勢。そんな中、遊佐に強い執着を持つ法城高校の岡崎と当たった松田はその気迫に押され、自分らしいバドをできずにストレートで負けてしまう。松田から思いを託された亮は続く準決勝で岡崎と当たるが、試合前から始まる彼の挑発に何度も揺らぎそうになり……。

17話の感想

亮たちにとっては二度目の県大会が始まりました。わざわざ会場の前で待ち伏せていたのは吉野裕行さん演じる岡崎と法城高校の面々。相変わらず岡崎の遊佐くんに対する執着心は並々ならぬものがありますね。頭悪そうな岡崎の会話をいちいち翻訳する有村さんの悪意ある翻訳に笑いました。しかもちゃんと遊佐くんの言葉も悪意ある翻訳してるし。

そんな岡崎と真っ先に当たった松田くんは試合開始直後から岡崎の気迫にやられてストレート負け。やっぱり松田くんはメンタル弱いな……と思っていたら、続く亮もやっぱりやられていたので岡崎の気迫がすごいのかも。松田くんも亮も岡崎より技術はあるのに押されまくったのは、有り余る体力と精神力によるものでしょうか。
ただこの岡崎、口は悪いしアウトの球でも手出すし負けたら地団太踏むし小学生か??? そりゃあ遊佐くんには敵わねえよなと思ってしまう。

逆に今回は遊佐くんの株が爆上がりしましたね。里佳ちゃんが来ると聞いても顔色一つ変えず、岡崎は俺が仕留める発言に、亮と相対した時の覇王色の覇気使いそうな鋭い視線……か、かっこよすぎる~!!
本作において遊佐くんが天才で最強なのは揺るがないところですが、最近はわりといじられキャラになっていたので久々にひたすらかっこいい遊佐くんを見せられて動揺しました。

さて今回はほぼずっと試合が描かれましたが、これまでに比べて圧倒的に綺麗な作画にまず驚きました。本編通してめちゃくちゃ綺麗だった。しかもバドの動きもよく動くってほどではないものの、ひとつひとつの動きが綺麗なのでこれまでとは違い単調ではなく躍動感も感じられました。作画が違うだけでこんなにバドが面白く見えるのかと。
特に松田VS岡崎、亮VS岡崎戦はどんな動きで、どんな試合が行われているのかもとても分かりやすくちゃんとわくわくできました。何はともあれ作画が綺麗すぎる。
ただひとつ残念だったのは、岡崎の気迫に押されて2セット目を取られた亮が3セット目にはあっさり勝ってしまったこと。あれは岡崎が自滅したってことなのか……? 亮のが崩してたのにあの一瞬で立て直したのがちょっと理解できなかった。
でも決勝に辿り着いた亮が遊佐くんの気迫に圧倒され「勝負を分かっていない」と切り捨てられてしまうのはすごくよかった! 亮が試合前に「遊佐くんに少しでも食らいつけたら~」みたいなことを言っていたのがミソですよね。憧れの選手だったとしても、ずっと憧れているままじゃ永遠に勝てない。憧れを追い越すくらいの気迫がないと勝てないってことを遊佐くんは言いたかったのかなと。ここからは亮がその本気に気づいていくまでを描いていくのかなと予想。

というわけで大変美しい作画でバドを見られて幸せでした。なんといっても遊佐くんがいつもの百倍くらいかっこよかった。麗しい……。

関連商品

Amazonプライム会員なら月額500円Amazonプライムビデオ見放題無料の配送特典などお得なサービスを受けられます。他にも多数のサービスを利用できるのでオススメです!

Amazonプライム会員

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Twitterフォローもよろしくお願いします!
徒然声優語り

コメント

タイトルとURLをコピーしました